読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらせないでくれ、この時を

あらんくんとこうじくん

とあるジャニオタが大学受験を振り返る

私事ですが、大学受験が終わりました。イェーイドンドンパチパチ(ⓒ道枝駿佑くん)

ありがたいことに第一志望校の合格を頂きまして、とりあえずいつ新橋に行って東西のグッズを買ってくるか思案しているところです。フォトセ沢山買うね康二くん!!!



ただ、振り返ってみると反省すべき点が多々ある訳です(主にジャニオタ的な意味で)。
ということで、今後受験生になるジャニオタさんに向けて「こうはなるなよ!」「こんなこともあるから気をつけろよ!」というある種の訓戒としての記事を書いていきたいと思います。

  1. 受験生、新たな沼にハマりがちだから気をつけろ!

これ、私も友人も全員経験してます。怖い。

私はそれまであらんくんをゆるゆると応援していたのですが、2015年10月にKAT-TUNにハマり(その1ヶ月後、忘れられない赤コートの日を迎える訳です)ばっちり10ks東京2日間参戦した後にひっそりあらんくんのオタクに舞い戻ったものの、夏休みが明けたらあらびっくり、関西Jr.の向井康二くんの沼に突き落とされていました。

友人Aは元々2次元が好きだったものの高2の冬休みが明けたらセクガルになっていたし、ジャニーズに興味のなかった友人Bはいつの間にか光一さんのオタクになってた。雑誌全部買い占めてた。
話し出すとキリがないのだけれど手越担の友人Cは時をかける風磨くんをみて「おもち可愛い」しか言えなくなっていたし、6年間伊野尾担を続けた友人Dは高橋優斗くんに降りた。


ジャニーズ以外でもバンドにハマって親御さんに内緒でこっそり夏にライブに行っていた友人もいるので、受験勉強以外にすることがないと何か新たな趣味が出来るのはよくある話なんだと思います。

新たな沼にハマるのは悪いことではないんですが(持論)、結果的に某動画投稿サイトを徘徊することになるので物凄い時間を食われます。もう一度言います。


時間を食われます!!!


受験勉強において気分転換をすることは不可欠だしそれが友人との会話でも食べることでも趣味でも構わないのだけど、本来気分転換であるはずのものが勉強に支障を来たすのは本末転倒(これはまた後で詳述します)。
時間を限るなど自制しましょう…!


私は受験の天王山・夏休みには朝9時から夜9時までスマホを家に置いて自習室に篭っていましたが、毎日お風呂の中で30分〜1時間スマホをいじる時間を設けてそこで昔の関西の動画を観たりTwitterを確認したりしていました。1時間というのは今思えばちょっと長過ぎた気もするけれど、それ以外の時間は基本一切スマホに触れなかったので許容範囲とします(自分に甘い。お風呂の中では音楽を流しながら単語を覚えたり日本史の暗記をしたりもしました)。
TVは結局少クラとまいジャニ以外は康二くんのドラマ(複数回観た)や、音楽特番のジャニーズのところを流し見するくらいでした。あっ、中丸くんのアナザースカイも観た。
夕食を食べながら観るスタイルを定着させると時間の無駄を省けます。

もちろん友人の中には、自担Gの出ている番組も音楽特番も全部観ない!受験終わるまでお預け!という子もいました。凄い*1
私は欲望にまみれたオタクなので何だかんだ少クラとまいジャニは毎週ばっちり観ていたし、時々2014年末頃の少クラを観返して「あらちか尊い」と言いながら懐古していたので、そこまで厳格にならなくても良いと思います。

ただMステのウルトラライブやスーパーライブ全部観るとかゼウスくらいの長さの特番を観るとかは絶対にしませんでした。
コンサートも含め、2時間以上時間をとられるものはTVでも何でも避けていたように思います。

自分なりのルールを決めると無理なく節制できるはずです!


  1. 太ります、諦めましょう

そりゃそうだ(大納得)。
「自分へのご褒美♡ハーゲン♡」を繰り返すととんでもないことになります。特に運動部の子は急に運動しなくなるので筋肉が全て脂肪に変わります。どうしようもないです。諦めましょう。

むしろ食べないことの方が受験生にとってNG。頭を働かせるためにも栄養のある(コンビニ食の場合はチョイスに気をつけて積極的にビタミンを摂取することを勧めます)食事を摂りましょう。

模試や試験の前にはGABAのチョコを食べる子が多い印象ですが、個人的には煉羊羹が一番手軽にカロリーと糖を摂れると思っています。学校の先生も言ってた。
コンビニで煉羊羹を買い占めよう!!!


ちなみに私は今日からダイエットを始めました。



  1. 現場に行きたい欲には出来るだけ耐えろ、しかし後悔はするな!

夏以降の現場に行くか否か。これ、受験生にとっては大問題だと思います、特にJr.担。

私は元々在宅気質なので基本的には通年レポで満足できたのですが、あらんくんにとってトラジャとしての最後のお仕事となったサマステと、康二くんが関西を背負って頑張っていたジャニフワに行けないのは流石にきつかった……。
サマステは何だかんだぎりぎりまでチケットを探したし、博多座はもう仕方ないので週2で一風堂に通ったり(太る一方)オズマガジンの博多特集を読んだりしていました。
でも結局行かなかった。その決断をしたことに後悔はありません。

いつ体制が変わる(自担が辞める)か分からないから行ける現場には行きたい!という気持ちは嫌と言うほど分かります。実際私の周りでも夏の現場に行った子は数名いました。

私の場合は自分がコンサートの前そわそわしたり後で余韻に浸ったりしてしまうことが分かっていたのでその時間を無駄にしないために現場を諦めましたが、コンサートはコンサート、勉強は勉強とすっぱり気持ちを切り替えられるのならむしろ行った方がスッキリすると思います。止めはしません。

私が受験生になってから行った現場はKAT-TUNの10ksとG-AGEのリリースイベントのみで、5月以降は現場は離れました。田島くんとてもとても格好良かった。



  1. 趣味にメンタルを左右されるな

①でも書きましたが、要は自分の中で趣味の優先順位を下げることが大事かな、と。

例えば私の場合メンタルを抉られたのは

  • KAT-TUN充電発表その他諸々
  • あらんくんのG移籍
  • 流出

が主でした。
あとはセンター試験直前の年末に立て続けに二人の元Jr.の子がTwitterを始めまして、特にうち一人はまさかTwitterを始めるとは思ってもいなかったので*2年明け早々茫然自失でした。
これはどちらも結果として良い報告だったしセンターにも響かなかったので結果オーライ。
ただ先に上げた3つにはだいぶメンタルを抉られました。いやー、きつかった。

もう一つ例を挙げると、平野くんが気になると言う友人に私が何気なく昔のまいジャニをお勧めしたところ、彼女は土日全てを費やしてまいジャニ・in大阪を観てしまい、結果今は辞めてしまった彼のことでしばらく勉強も手につかず食事も喉を通らないほど思い悩んでしまった、という事例があります。私が戦犯やないかい。ごめんね。
受験生にとっての土日は中丸くんにとっての焼肉のタレ、康二くんにとってのるーたくんと同じくらい大切な物なので、決して無駄にはしないよう。



趣味はあくまで受験勉強の息抜き、しばしの逃避の手段に過ぎません。
「そんな生温い気持ちでオタクやってらんねーよ!」と言いたくなる気持ちも分かります。でも言いたい。


そんな生温い気持ちで受験勉強やってらんねーよ!!!


まあそこまで言うならオタク辞めろよ、という感じですが私はオタクをゆるゆる続けていたおかげで息抜きが出来て第一志望に合格できた(と思っている)ので、無理にオタクを辞める必要はないと感じます。

現場に行けないのは辛いけれど、単語帳に自担の写真を挟んだり休み時間にオタクと喋ったり息抜きで動画を観たりしていたら何だかんだ乗り越えられます。



これは常套句だけれど、自担はあなたを養ってくれません。あなたの進路を決めるのはあなた自身、あなたの努力次第です。

受験勉強を乗り越えれば、きっと楽しいオタクライフが待っているはず。
現に私は今朝から晩まで康二くんのことを考えながら部屋掃除したり爪を整えたりしてます!めっちゃ楽しいよ!引きこもりだけどね!

受験が終わって晴れ晴れしい表情でジャニショに行ったり現場に行ったりしている自分の姿を思い描きながら、一年間頑張って下さい!!



追記
実はこっそりTwitterを始めたので、読者さん等もし繋がって下さったら泣いて喜びます…!
@chasentyan

*1:その子も時々動画は観ていたようで、supernovaの康二くんが格好良いねって話は100回位しました

*2:色々と婉曲表現を用いていますがお察し下さい