読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらせないでくれ、この時を

あらんくんとこうじくん

自分を大事に

前回の更新を受験前最後にすると言っていましたが、どうしても書きたいことが重なったので。意志薄弱


一昨日つまり12月16日、BSプレミアムのドラマ「子連れ信兵衛2」に康二くんが出演しました。

康二くんにとっては初めての個人でのドラマ出演であり、目指せドリームステージの撮影の合間にこのドラマの撮影を行ったとのこと。
私がこのドラマのことを知ったのは、夏休みが始まってすぐの頃。塾の友人(重岡担)が「康二くんがドラマに出るらしいよ!」と教えてくれたのです。

f:id:y_marumaru:20161217163218j:plain

その時のラインがこちら(当時はじーこ呼びだったっぽい、懐かしい。そして、夏休み真っ只中だったので毎日頑張ろうラインを送り合っていたのも懐かしい)。
康二くんのお仕事が決まって嬉しい、という感情はもちろん嘘ではなくて本当に心の底から嬉しかったのだけれど、今思えば当時はいちJr.担として関西の活躍が喜ばしいという程度の感覚だったと思います。


それから時は流れ、まさかまさかの康二くんに堕ち、受験が終わるまでの浮気を決め*1、遂に迎えたこの日。


感想は一言では到底書ききれないけれど
、とっても素敵な役を頂いて全身全霊で演技をしていた康二くん。その姿が本当に格好良かった。

あらすじを聞いてから、なんとなく話の筋は掴めて、大体どんな役どころなのかも想像はついていました。
ただ、そんな私の陳腐な想像を、康二くん演じる鉄平くんははるかに上回っていた。
「おどおどした子犬のよう」に弱く、吉原に売られたおゆうちゃんを救うお金を稼ぐために悪に手を染めてしまった鉄平くん。
そんな、弱くて殴られっぱなしの鉄平くんも、江戸に出てきて初めておゆうちゃんに再会した時のやるせなさと少しの憂いを帯びたような表情や、寄場に送られる船上での、罪を償って何年かかってでもおゆうちゃんを迎えに行こうと改めて覚悟を決めた表情はとても格好良くて。
あぁ男の子って愛する女のことを想う瞬間に一番素敵な表情をするのかな、なんて思ってしまいました(ここで突如として脳内再生されるback numberの花束!鬱案件!*2)。

康二くんが一つ一つの場面を丁寧に演じていたから、とにかく見応えがありました。いや、見応えしかなかった。



個人的に好きなシーンを挙げるなら、ドラマ冒頭の矢場のシーンで女の子たちを侍らす鉄平くんも鶴坊をあやす鉄平くん(可愛すぎて動画に収めた)も、何かと脱いでた鉄平くんも黒谷友香さん演じる美玖さんにしばかれる鉄平くんも、チョーーー最高でした。
一昨日は20時ぴったりに家に着いてから勉強を放棄して何度も観返しました。康二パパ以上に。受験生です。



あんなに弱くて殴られてばかりでそれでもおゆうちゃんとの約束を守ろうとし続ける鉄平くんは、康二くんにぴったりの役どころだったと思います。
康二くんが最近色々なところで口にしているように、このドラマが本当に大きな経験になったんだろうな、ということがよく伝わってきました。


どうかこれが次のお仕事に繋がりますように!健人くんがTV誌で言っていた「ジーコが学園ドラマに出ている夢」が正夢になりますように。
学園ドラマじゃなくても良いのだけど。







そしてもう一つ書きたかったのが、テレファンさんのインタビューについて。

今年自分の中で大きく変わったことは、自分を大切にしようと思うようになったこと。今までは関西本体のことばっかり考えてたけど、今は“自分”みたいな。今までは言わなかった自分の意見も言うようになった。自分のソロ曲もそうだけど、もっと欲を出すようにしようって。それまでそれで損してたところもある気がして。

自分を大事に、自分に嘘を付かない、やりたいことはやりたいって言う。デビューしたい。

胸に刺さった。
今まで康二くんがぶち当たってきた壁に、意味がない訳がなかった。

彼の夢が一つでも多く叶って欲しい。
そう、強く思いました。




最後に。
クリパのソロ曲にすぱのばをチョイスする康二くん最高かよ……!
カジと連絡先を交換したと言っていたし(カジ談)康二くん少クラガチ勢だし、トラジャがやったのを観たり聞いたりで触発されたのかな。

私としては、というか全関西担がMaybeを聴き込んでクリパに備えてきたと思うから「そう来たか!」感しかなかったけれども(笑)

にしても康二くんがOMG芸人すぎて凄い。
ここまで来たらいつかエキゾチックトリップを歌って欲しいしonly dreamingを聴いて感情移入しちゃう康二くんも容易に想像がつくし最早トリビュートアルバムを作って欲しいレベル。




とりあえず書きたかったことをバーッと書いた。書けた。あとはアイランドに行って顕嵐くんに会いたかったし新橋の東西も行きたかった。
流石に私大の第一、第二志望の合格発表を待たずして現場には行けない、つらい。しかも国公立の受験で関西に行く予定なのに彼らは大阪にいないのもつらい。


それはともかく、今年は大晦日の夜11時までTVを観ないと決めたので(まいジャニ!忘れてた!少クラは我慢できそう)、受験生としてラストスパートを駆け抜けようと思います。

今年はジャニーズ事務所にとって激動の一年となったように感じています。
来年もきっと楽しいことばかりではないだろうけれど、それでもデビュー組にもJr.にもオタクにも、一つでも多くの幸せが訪れますように。

*1:実質掛け持ち

*2:もうすぐ一年経つのでそろそろ小ネタ扱い