「やっぱり目標はデビューやと。」


日付を跨いで昨日の大阪産経新聞夕刊、むかいくん*1のインタビューが掲載された。


Jr.担にとってロングインタビューというのは滅多にない機会であるため、私はこの日を心待ちにしていた。

塾から帰ってきて、真っ先に姉に画像を見せてもらった。





突き詰めて考えるとやっぱり目標はデビューやと。

聞きたかった言葉が聞けた、ただそれに尽きる。



ジャニストデビュー時に淳太くんに関ジュを引っ張っていくように言われたものの不安がいっぱいで受け止めきれなかった、演技も歌もダンスも経験を積んで実力を上げることが先やと思っていた、と語ったむかいくん。


昨年秋に出演したレコメンでも、目標がデビューとは明言しなかった。
他担ながらその時のレコメンは生で聴いていて、「むかいくんもそんな年になってしまったのか」なんて考えてしまったことを覚えている。


あれから一年。

子連れ信兵衛の撮影、ジャニフワでの平野くんとのツートップなどを経たからだろうか、むかいくんの口から「デビュー」という言葉が出た。


それ自体もちろん嬉しいことだけれど、それよりも、むかいくんが何か明確な目標を持ってお仕事に臨んでいるのだということが分かってとても安心した。





インタビューを読んでこんなに安心させられたのは、夏のJUNONの匠海くん単独インタビュー以来だった*2



私の担当であるあらんくんは「デビューが目標」とかねてから明言してきたのでファンとしてもそこに向けての応援をすることができた。
でももし仮に違う目標を持っている子がいるとして、そして自分がそれを知らずにその子を応援していたとしたら、その子と自分の間に知らず知らずのうちに齟齬が生じてしまうだろうし「○○して欲しい」という願望が一方的な押し付けになってしまう可能性もある。



これからむかいくんを応援していくに当たって、もしむかいくんがデビューを目標に据えていないのだったら私が「むかいくんにデビューしてほしい」と望むことは果たして正しいのだろうかと問うてきたので、むかいくんの目標を知ることができたのはとても大きかった。








梅芸も千秋楽まであと少し、ジャニーズフューチャーワールドが無事に終わることを願う。

*1:康二くん、と呼んでみたいけれどまだ勇気が出ない

*2:匠海くんと言えばこの前のブログの記事には思わず目頭が熱くなった。一人でのお仕事が増えて周りから色々言われることも多くなってると思うけど、匠海くんの口から「自分がやりたいからDISH//をやってるんだ」という言葉を聞けて良かった