彼は春が苦手だと言う。

 

ジャニーズ事務所に所属して11年目の彼には数え切れないほど沢山の先輩、同期、後輩との別れがあった。

その中でも彼にとって一番大きな別れは2年前の春だった、のだと思う。

 

あれから2年経った。彼は「強くなった」「お兄ちゃんになった」と各所で言われるようになった。

関西の後輩でも、好きな先輩、尊敬する先輩として彼の名を挙げる子が増えた。

 

ガシガシした個性出しまくりの踊り方は良い方向に変わってしなやかになった。踊る時に顔を上げるようになった。過度なおふざけも減った。デビューしたい、とまた明言するようになった。

体調を崩してギリギリの状況にあった仲間を冷静にフォローした。お客さんを不安にさせないよう努めた。名実共に関西を牽引する立場になった。

 

そんな、彼の優しさや格好良さ、視野の広さの伝わるレポや雑誌のテキストを目にする度、私の中にアイドルとしての彼への「好き」が蓄積されていく。あぁ、こんなにも報われて欲しい人はいないな、と思う。

 

もちろん夜になると時々インターネットに氾濫する情報を目にし、「もし」と悪い方向にばかり考えてしまうこともある。見たくない情報を見てしまうこともある。

彼がジャニーズ事務所を、芸能界を去ってしまう日が来る可能性を100%否定することなんて出来ないから。

 

それでも今、彼がデビューを目標に掲げている今、私は彼がデビューするその日を夢見てただひたすらに応援したい。

 

いつか、彼の蒔いてきた沢山の努力の種が、大輪の素敵な花を咲かせますように。この春から社会人。おめでとうございます。

 

関西ジャニーズJr.向井康二くんのお話でした。

 

とあるジャニオタが大学受験を振り返る

私事ですが、大学受験が終わりました。イェーイドンドンパチパチ(ⓒ道枝駿佑くん)

ありがたいことに第一志望校の合格を頂きまして、とりあえずいつ新橋に行って東西のグッズを買ってくるか思案しているところです。フォトセ沢山買うね康二くん!!!



ただ、振り返ってみると反省すべき点が多々ある訳です(主にジャニオタ的な意味で)。
ということで、今後受験生になるジャニオタさんに向けて「こうはなるなよ!」「こんなこともあるから気をつけろよ!」というある種の訓戒としての記事を書いていきたいと思います。

  1. 受験生、新たな沼にハマりがちだから気をつけろ!

これ、私も友人も全員経験してます。怖い。

私はそれまであらんくんをゆるゆると応援していたのですが、2015年10月にKAT-TUNにハマり(その1ヶ月後、忘れられない赤コートの日を迎える訳です)ばっちり10ks東京2日間参戦した後にひっそりあらんくんのオタクに舞い戻ったものの、夏休みが明けたらあらびっくり、関西Jr.の向井康二くんの沼に突き落とされていました。

友人Aは元々2次元が好きだったものの高2の冬休みが明けたらセクガルになっていたし、ジャニーズに興味のなかった友人Bはいつの間にか光一さんのオタクになってた。雑誌全部買い占めてた。
話し出すとキリがないのだけれど手越担の友人Cは時をかける風磨くんをみて「おもち可愛い」しか言えなくなっていたし、6年間伊野尾担を続けた友人Dは高橋優斗くんに降りた。


ジャニーズ以外でもバンドにハマって親御さんに内緒でこっそり夏にライブに行っていた友人もいるので、受験勉強以外にすることがないと何か新たな趣味が出来るのはよくある話なんだと思います。

新たな沼にハマるのは悪いことではないんですが(持論)、結果的に某動画投稿サイトを徘徊することになるので物凄い時間を食われます。もう一度言います。


時間を食われます!!!


受験勉強において気分転換をすることは不可欠だしそれが友人との会話でも食べることでも趣味でも構わないのだけど、本来気分転換であるはずのものが勉強に支障を来たすのは本末転倒(これはまた後で詳述します)。
時間を限るなど自制しましょう…!


私は受験の天王山・夏休みには朝9時から夜9時までスマホを家に置いて自習室に篭っていましたが、毎日お風呂の中で30分〜1時間スマホをいじる時間を設けてそこで昔の関西の動画を観たりTwitterを確認したりしていました。1時間というのは今思えばちょっと長過ぎた気もするけれど、それ以外の時間は基本一切スマホに触れなかったので許容範囲とします(自分に甘い。お風呂の中では音楽を流しながら単語を覚えたり日本史の暗記をしたりもしました)。
TVは結局少クラとまいジャニ以外は康二くんのドラマ(複数回観た)や、音楽特番のジャニーズのところを流し見するくらいでした。あっ、中丸くんのアナザースカイも観た。
夕食を食べながら観るスタイルを定着させると時間の無駄を省けます。

もちろん友人の中には、自担Gの出ている番組も音楽特番も全部観ない!受験終わるまでお預け!という子もいました。凄い*1
私は欲望にまみれたオタクなので何だかんだ少クラとまいジャニは毎週ばっちり観ていたし、時々2014年末頃の少クラを観返して「あらちか尊い」と言いながら懐古していたので、そこまで厳格にならなくても良いと思います。

ただMステのウルトラライブやスーパーライブ全部観るとかゼウスくらいの長さの特番を観るとかは絶対にしませんでした。
コンサートも含め、2時間以上時間をとられるものはTVでも何でも避けていたように思います。

自分なりのルールを決めると無理なく節制できるはずです!


  1. 太ります、諦めましょう

そりゃそうだ(大納得)。
「自分へのご褒美♡ハーゲン♡」を繰り返すととんでもないことになります。特に運動部の子は急に運動しなくなるので筋肉が全て脂肪に変わります。どうしようもないです。諦めましょう。

むしろ食べないことの方が受験生にとってNG。頭を働かせるためにも栄養のある(コンビニ食の場合はチョイスに気をつけて積極的にビタミンを摂取することを勧めます)食事を摂りましょう。

模試や試験の前にはGABAのチョコを食べる子が多い印象ですが、個人的には煉羊羹が一番手軽にカロリーと糖を摂れると思っています。学校の先生も言ってた。
コンビニで煉羊羹を買い占めよう!!!


ちなみに私は今日からダイエットを始めました。



  1. 現場に行きたい欲には出来るだけ耐えろ、しかし後悔はするな!

夏以降の現場に行くか否か。これ、受験生にとっては大問題だと思います、特にJr.担。

私は元々在宅気質なので基本的には通年レポで満足できたのですが、あらんくんにとってトラジャとしての最後のお仕事となったサマステと、康二くんが関西を背負って頑張っていたジャニフワに行けないのは流石にきつかった……。
サマステは何だかんだぎりぎりまでチケットを探したし、博多座はもう仕方ないので週2で一風堂に通ったり(太る一方)オズマガジンの博多特集を読んだりしていました。
でも結局行かなかった。その決断をしたことに後悔はありません。

いつ体制が変わる(自担が辞める)か分からないから行ける現場には行きたい!という気持ちは嫌と言うほど分かります。実際私の周りでも夏の現場に行った子は数名いました。

私の場合は自分がコンサートの前そわそわしたり後で余韻に浸ったりしてしまうことが分かっていたのでその時間を無駄にしないために現場を諦めましたが、コンサートはコンサート、勉強は勉強とすっぱり気持ちを切り替えられるのならむしろ行った方がスッキリすると思います。止めはしません。

私が受験生になってから行った現場はKAT-TUNの10ksとG-AGEのリリースイベントのみで、5月以降は現場は離れました。田島くんとてもとても格好良かった。



  1. 趣味にメンタルを左右されるな

①でも書きましたが、要は自分の中で趣味の優先順位を下げることが大事かな、と。

例えば私の場合メンタルを抉られたのは

  • KAT-TUN充電発表その他諸々
  • あらんくんのG移籍
  • 流出

が主でした。
あとはセンター試験直前の年末に立て続けに二人の元Jr.の子がTwitterを始めまして、特にうち一人はまさかTwitterを始めるとは思ってもいなかったので*2年明け早々茫然自失でした。
これはどちらも結果として良い報告だったしセンターにも響かなかったので結果オーライ。
ただ先に上げた3つにはだいぶメンタルを抉られました。いやー、きつかった。

もう一つ例を挙げると、平野くんが気になると言う友人に私が何気なく昔のまいジャニをお勧めしたところ、彼女は土日全てを費やしてまいジャニ・in大阪を観てしまい、結果今は辞めてしまった彼のことでしばらく勉強も手につかず食事も喉を通らないほど思い悩んでしまった、という事例があります。私が戦犯やないかい。ごめんね。
受験生にとっての土日は中丸くんにとっての焼肉のタレ、康二くんにとってのるーたくんと同じくらい大切な物なので、決して無駄にはしないよう。



趣味はあくまで受験勉強の息抜き、しばしの逃避の手段に過ぎません。
「そんな生温い気持ちでオタクやってらんねーよ!」と言いたくなる気持ちも分かります。でも言いたい。


そんな生温い気持ちで受験勉強やってらんねーよ!!!


まあそこまで言うならオタク辞めろよ、という感じですが私はオタクをゆるゆる続けていたおかげで息抜きが出来て第一志望に合格できた(と思っている)ので、無理にオタクを辞める必要はないと感じます。

現場に行けないのは辛いけれど、単語帳に自担の写真を挟んだり休み時間にオタクと喋ったり息抜きで動画を観たりしていたら何だかんだ乗り越えられます。



これは常套句だけれど、自担はあなたを養ってくれません。あなたの進路を決めるのはあなた自身、あなたの努力次第です。

受験勉強を乗り越えれば、きっと楽しいオタクライフが待っているはず。
現に私は今朝から晩まで康二くんのことを考えながら部屋掃除したり爪を整えたりしてます!めっちゃ楽しいよ!引きこもりだけどね!

受験が終わって晴れ晴れしい表情でジャニショに行ったり現場に行ったりしている自分の姿を思い描きながら、一年間頑張って下さい!!



追記
実はこっそりTwitterを始めたので、読者さん等もし繋がって下さったら泣いて喜びます…!
@chasentyan

*1:その子も時々動画は観ていたようで、supernovaの康二くんが格好良いねって話は100回位しました

*2:色々と婉曲表現を用いていますがお察し下さい

受験前最後に。


この記事を受験前最後の更新にしようと思います。


はてなブログを始めたのは受験に際してツイッターを辞めてからであるためまだ開設してから日も浅いのですが、それまで基本的にリア友としかジャニーズの話をしてこなかった私としては、沢山のジャニオタさんの意見や思いを知ることが出来るこの場がとても貴重なものでした。


読者登録をさせて頂いている方々のブログを読む時間はとても楽しくて楽しくて!今まであまり知らなかったグループの魅力に気づかされたり、少クラのこの場面が良かった、という感想に共感したり。これからも楽しみにしています。



私個人としてはまさかむかいくんにハマるとは思ってもいませんでしたが(!)、むかいくんとあらんくんを応援している今がとても楽しくて仕方ありません。

春松竹のむかいくん会いにいけるように、あと3ヶ月受験勉強に励む所存。3月にふらりと戻ってきた時に、「あーこんなやついたな」と思い出して頂ければ幸いです。




ちなみに模試の結果は散々でしたが、先週のまいジャニShow Timeのむかいくん(肩出し!!!)があり得ないくらい格好良かったので私は今日も元気です。

「やっぱり目標はデビューやと。」


日付を跨いで昨日の大阪産経新聞夕刊、むかいくん*1のインタビューが掲載された。


Jr.担にとってロングインタビューというのは滅多にない機会であるため、私はこの日を心待ちにしていた。

塾から帰ってきて、真っ先に姉に画像を見せてもらった。





突き詰めて考えるとやっぱり目標はデビューやと。

聞きたかった言葉が聞けた、ただそれに尽きる。



ジャニストデビュー時に淳太くんに関ジュを引っ張っていくように言われたものの不安がいっぱいで受け止めきれなかった、演技も歌もダンスも経験を積んで実力を上げることが先やと思っていた、と語ったむかいくん。


昨年秋に出演したレコメンでも、目標がデビューとは明言しなかった。
他担ながらその時のレコメンは生で聴いていて、「むかいくんもそんな年になってしまったのか」なんて考えてしまったことを覚えている。


あれから一年。

子連れ信兵衛の撮影、ジャニフワでの平野くんとのツートップなどを経たからだろうか、むかいくんの口から「デビュー」という言葉が出た。


それ自体もちろん嬉しいことだけれど、それよりも、むかいくんが何か明確な目標を持ってお仕事に臨んでいるのだということが分かってとても安心した。





インタビューを読んでこんなに安心させられたのは、夏のJUNONの匠海くん単独インタビュー以来だった*2



私の担当であるあらんくんは「デビューが目標」とかねてから明言してきたのでファンとしてもそこに向けての応援をすることができた。
でももし仮に違う目標を持っている子がいるとして、そして自分がそれを知らずにその子を応援していたとしたら、その子と自分の間に知らず知らずのうちに齟齬が生じてしまうだろうし「○○して欲しい」という願望が一方的な押し付けになってしまう可能性もある。



これからむかいくんを応援していくに当たって、もしむかいくんがデビューを目標に据えていないのだったら私が「むかいくんにデビューしてほしい」と望むことは果たして正しいのだろうかと問うてきたので、むかいくんの目標を知ることができたのはとても大きかった。








梅芸も千秋楽まであと少し、ジャニーズフューチャーワールドが無事に終わることを願う。

*1:康二くん、と呼んでみたいけれどまだ勇気が出ない

*2:匠海くんと言えばこの前のブログの記事には思わず目頭が熱くなった。一人でのお仕事が増えて周りから色々言われることも多くなってると思うけど、匠海くんの口から「自分がやりたいからDISH//をやってるんだ」という言葉を聞けて良かった

こうじくんのはなし・その2


初めに宣言します。



受験が終わるまで浮気します。


誰に?

こうじくんに。

f:id:y_marumaru:20161017070950j:plain

(かっこいい)(イケメン)(色っぽい)(奇跡の22歳)(彼氏にしたい)(アーメン)*1


知れば知るほど格好良いわ色気があるわで底なし沼な、こうじくん。


中でも一番びっくりしたのがこれ。



f:id:y_marumaru:20161018000600j:plain




今年6月のまいジャニトーク祭りにて、話すときにバラードを歌うかの如く息つぎをする奥村くんに対して「今の息つぎもっかい!」というこうじくんの合図。


これ、お客さんに見えないようにわざと足で隠してやってたみたいで*2







…………この人、何者なんだ??????








しかし担当と名乗るにはこうじくんのことをあまりにも知らないので、これからもっともっとこうじくんのことを知っていきたい!

ただ、今の時点で既に底なし沼に片足を突っ込みかけている感じです。


クリパの詳細も発表になったということで、受験勉強の傍ら細細とこうじくんを応援していきたいな。




もちろん、学食の冷やし担々麺にはまっている彼のことも応援し続けます。











そして最後に。
関西Jr.のスマイリー優等生が退所した、とのこと。
ここ数日ずっともやもやしていた。
雑誌でも彼を真ん中にした5人のショットで、webから名前が消えて、そして日付を跨いで昨日発表になったクリパのポスターにも載っていなくて。

「今までありがとう」「これからも頑張って」と送り出してあげられる場がないこと。Jr.を応援することの厳しさを改めて知りました。

こうじくんがポテトの写真連載でANOTHERの集合写真と共に「これからは舞台やコンサートの前に皆で集合写真を撮っていきたい」という旨を述べていたけれど、彼にとってその写真が思い出の一枚となっていますように。

今はまだ、笑顔で送り出せるような踏ん切りはついていないのが正直なところですが、彼がこれからも笑顔でいられることをただただ願っています。
5年半、お疲れ様でした。

*1:私の語彙力を総動員した結果

*2:というか私これリアタイしてたけど今の今まで記憶から抜け落ちてた。不覚すぎる

夏を駆け抜けて

5月のクリエから夏休みのサマステを経てドリボ、えび魂と駆け抜けて。


何でいつもいつも無条件に応援したいと思わされるのか考え続けて、結局その結論を導いてくれたのは本人のテレビ誌での発言でした。


俺は変わらないから。
もし変わったら、怒って。


グループが変わろうと、扱いに波があろうと、髪の色こそ頻繁に変わるけれど中身は何も変わっていなくて。もちろんそれは良い意味で。


寧ろ色々な現場を重ねて、レポから受け取るイメージだけでは追いつかない程に成長しているんだろうなあと思うし、何よりそれを生で観てみたい。


2年前の夏はドラマの撮影で文字通り「死ぬほど」忙しかった、ということは今になっても雑誌でもふと口にするほどで。

それから高校を通信制に変えたことは風の噂で聞いて、正直大学に進むと知ったときは驚いた。驚いたし、両立の難しさを経験している彼だからこそ確固たる意志のもとで進学を決意したんだと思った。


勝手な憶測に過ぎないけれど、みゅうとくんは掛け持ちであらんくんは掛け持ちでない、ということから考えても本人に多少のグループ選択の余地はあったんだろうな、と。


大学との両立を果たすためには、2つのグループの掛け持ちは難しい。
それは誰の目から見てもわかること。
あらんくんの選択もみゅうとくんの選択も間違ってない。



最近ずっと関西を追いかけていたから、先日発売の雑誌を読んで東京の体制の流動性を改めて思い知った。噂によく聞く那須くんとか藤井くんとか。
下からどんどん新しい子が出てきて*1、チャンスさえ与えられなくなる子もいる。その中で与えられたチャンスを最大限活かすにはどうしたらいいのか、きっと私の想像が及ばないくらい考えて考えて出した結論なのだろう。


ここまで強く自己を確立している人って実生活においても中々見たことがなくて、だからこそあらんくんに惹かれるのだと思う。



という戯言。

*1:もちろん関西も風雅くんやら斗亜くんやら大豊作だけれど

予備校のチューターさんに居てほしいジャニーズ8選

予備校に「今君の8月の全てくれないか」って言われてるタイプのオタクです。否が応でも捧げますとも。

そんな訳で受験生オタの皆さん(そして私)がこれを見て少しでも元気になればと思って書いてみた。


こういう企画モノに必ずと言っていいほど登場するゆっちこと中丸雄一くん。安定。スーツが似合うよ!
よく女の子たちに囲まれているが常に冷静に対応。模試の点数が良かったことを嬉々として報告してもDFEで「へぇ、じゃあ次もその調子で」と返答。
机には必ずコーラが置かれているし焼肉のタレも常備されている(用途は上田くんのみぞ知る)。



女子から「上田さんは格好良いけど怖そう」と第一印象で恐れられてしまううーちゃん。
実際午前シフトの時は眠さ故に機嫌が悪いし、おふざけの度が過ぎた男の子には容赦なく叱る。しかし模試で良い点を取ったらめちゃめちゃ褒めてくれて、逆に大コケしても「次は頑張ろうな」と優しく慰めてくれるためそのギャップにやられる女子が多数。
基本的に傍らにいつも中丸くんがおり、上田くんが事務連絡をしに教室に来るときは中丸くんが後ろで黒板を消している。


男子からの絶大な人気を誇る慶應ボーイ
いつも男子に囲まれている上に見た目が(多少)チャラいため女子生徒が話せる機会も少ないし名前も覚えられていないんだろうなぁと思っていたら、帰り際に「〇〇さん最近古典の点数安定してきたね、自習室でも頑張ってるもんな」と声を掛けられて爆死したい。
一人一人のことをきちんと見ている優秀なチューターさん。


まあまあ、彼は安定でしょう!
教え方が上手いので連日連夜質問の行列が作られている。また、綿密な学習計画の見本例をエクセルで作って配布してくれる。安心安全の信頼と実績。予備校内のホワイトボードに「阿部ちゃんの天気予報」コーナーが設けられている。


兎にも角にもスーツが似合うため見た目の爽やか度はダントツで1位。
しかし噛みぐせがある(被害者は主に同学年の文系チューター美勇人くん)わ校舎のあらゆるコンセントを引っこ抜きそうになる(1個上の安井くんが止める)わで「萩谷さんは見た目爽やかなのになんか勿体無いよね」と言われてしまう。 ここで思い出される見掛け倒しの矢内先輩。

でもいざ相談に行くと真剣に話を聞いて的確なアドバイスをくれるので実際に居たら個人的には一番信頼出来ると思う。
理論立てて話してくれるので何かとわかりやすい。
自身の体験に即しているのか毎回必ず「まあ一番は緊張し過ぎないことだと思うよ!俺は模試でも本番でも緊張し過ぎて大変だったから…」という教訓で締めてくれるよ。



男子からも女子からも「うみ」「うみんちゅ」「うみさん」のラブコールが止まない愛されチューター。
自身がアニメ好きなこともあり、オタクの男の子とも盛り上がれる。また、大食いということで予備校の近くの美味しいラーメン屋さんを教えてくれる。
「俺実はあんまり勉強しなかったけど何とかなったし、○○さんはこの夏めっちゃ頑張ってたから絶対大丈夫だよ!」と励まされたいJr.ナンバーワン。ありがとう頑張ります(?)
小顔で細身だからスーツが似合うだろうなぁ。あまりイメージはないけれど着ているところを是非見てみたい。



「朝を制する者は受験をも制す」がモットーの生活指導係。閑也くんを朝拝むだけで1日頑張れる。
閑也くんに「おぉ!偉い!」と褒めてもらうがために朝イチで登校したい夏休みだった。今の明るめの髪色でパーマがかった感じもスーツと合いそうで好きです。


  • 岸優太くん(Prince)

他のチューターさんにも生徒にもいじられがち。菊池先輩のゴミをいつも捨てに行っている。
しかし相談には一緒に悩みながらも親身に乗ってくれるし、最後にウィスパーボイスの「頑張って!」の後に絶対頭ぽんぽんしてくれそう。
現に私は今進路に迷いに迷っているのだけれども岸くんみたいなチューターさんが居たら真っ先に相談しに行きたい。



 

何だか最後の方はスーツが似合うよランキングのようになってしまったが、こんな予備校があるのならば毎日閉館まで頑張れること必至だ。現実はそうではないが、素晴らしいチューターさんばかりなのは変わりない。


7月に入りいよいよ「受験の天王山」が始まろうとしているが、全国の受験生オタの皆さんにとって充実した夏休みとなることを願わんばかりだ。

適度に息抜きもしつつ、一緒に頑張りましょう!!!